長谷見沙貴さん×矢吹健太朗さんによる「To LOVEる-とら
ぶる-ダークネス」
DVD付き限定第17巻
購入したので感想を書きたいと思います

0161201AAATLD1SWzS001


まず、単行本からですが、今回は番外エピソ—ドが存在せず
本編のみで構成され、第68話~第72話の計5本のお話が
収録

消滅寸前だったネメシスを体内に住まわせるという、奇妙な同居生活が
続く結城リトに想いを寄せる、有名アイドルとして活躍しているルンが絶
対に何か起きそうなw銀河的アイテムを使って大胆に迫るお話を始め

故郷のデビル-ク星で大きなイベントがあり、ララを始めとした居候をし
ている全員が出かける事になり、更に美柑も用事で出掛け、久しぶりに
一人きりで家に過していたリトの元へ意外な人物が現れたり

ヤミに酷い目に遭わされまくっていた異星人の殺し屋”暴虐のアゼンダ”
が復讐の方法として、凄腕の殺し屋”クロ”に結城リトの抹殺を依頼?

因縁のあるヤミと関係する人物という事もあり、依頼を受けリトを襲うクロ
に対し、頼りになるハズのララ達は不在といった、最悪のピンチを迎える
も、メアやリトの中に眠るネメシスなどの活躍で

なんとか猛攻を凌ぐも、ドンドンと状況が悪化する中、ヤミが現れ、強力
な敵を前に、意外な姿に変身する…といった感じの内容になっており

0161201AAATLD1SWzS004
0161201AAATLD1SWzS008
0161201AAATLD1SWzS010
0161201AAATLD1SWzS013
0161201AAATLD1SWzS014
0161201AAATLD1SWzS016
0161201AAATLD1SWzS019
0161201AAATLD1SWzS023
0161201AAATLD1SWzS025
0161201AAATLD1SWzS027
0161201AAATLD1SWzS029
0161201AAATLD1SWzS033
0161201AAATLD1SWzS035
0161201AAATLD1SWzS037
0161201AAATLD1SWzS039
0161201AAATLD1SWzS041
0161201AAATLD1SWzS043
0161201AAATLD1SWzS045
0161201AAATLD1SWzS048
(なんで美柑ちゃんは、こういう艶かしい食べ方なのかw?)
0161201AAATLD1SWzS050
0161201AAATLD1SWzS051
0161201AAATLD1SWzS053

前半はリトに想いを寄せるルンや、明るい人物ながらイマイチ考えてい
る事が掴めない理沙といった、キャラクタ-に焦点があてられたエピソ-
ドが登場

後半は、ララ達が不在という珍しい状況の中、命を狙われピンチに陥る
リトの前に、ヤミ(ダークネス仕様あり?)やメアにネメシスといった、3人
が久々に全員揃うと同時に、ヤミから物語を大きく動かす発言が出たり
など、予想外に?物語が大きく進展のが印象的な一方

0161201AAATLD1SWzS055
0161201AAATLD1SWzS057
0161201AAATLD1SWzS059
0161201AAATLD1SWzS061
(事態は深刻だけど…深刻に見えないぜ~い)
0161201AAATLD1SWzS066
0161201AAATLD1SWzS067
0161201AAATLD1SWzS069
0161201AAATLD1SWzS072
0161201AAATLD1SWzS073
0161201AAATLD1SWzS075
0161201AAATLD1SWzS079
0161201AAATLD1SWzS083
0161201AAATLD1SWzS086
0161201AAATLD1SWzS088
0161201AAATLD1SWzS090
0161201AAATLD1SWzS091
0161201AAATLD1SWzS093
0161201AAATLD1SWzS096
0161201AAATLD1SWzS098
0161201AAATLD1SWzS099
0161201AAATLD1SWzS102

遂に第9巻という大台直前となるOVAの内容は、第8巻と同様に本編部
分のスト-リ-を二部構成で映像化し、今回はリトの幼馴染で無印から
登場している元祖的なヒロインの1人”春菜”

シリ-ズお約束の、ララの発明品が起こすとらぶるに巻き込まれ酷い目
に遭いながら、キスをした事でリトの事を今迄以上に強く意識する様に
なり

同時にリトも春菜を強く意識する様になって、二人きりで出会い告白に
1?…といった感じの今回のコミックスと同様に、ドキドキする様なシ
チュエ-ションや展開が印象的の内容になっており

0161201TLD1SWzS002
0161201TLD1SWzS004
0161201TLD1SWzS007
0161201TLD1SWzS008
0161201TLD1SWzS009
0161201TLD1SWzS010
0161201TLD1SWzS011
0161201TLD1SWzS012
0161201TLD1SWzS014
0161201TLD1SWzS016
0161201TLD1SWzS017
0161201TLD1SWzS018
0161201TLD1SWzS019
0161201TLD1SWzS022
0161201TLD1SWzS025
0161201TLD1SWzS026
0161201TLD1SWzS028
0161201TLD1SWzS029
0161201TLD1SWzS031
0161201TLD1SWzS032
0161201TLD1SWzS033
0161201TLD1SWzS035
0161201TLD1SWzS037
0161201TLD1SWzS038
0161201TLD1SWzS040
0161201TLD1SWzS041
0161201TLD1SWzS043
0161201TLD1SWzS044
0161201TLD1SWzS048
0161201TLD1SWzS050
0161201TLD1SWzS051
0161201TLD1SWzS052
0161201TLD1SWzS053
0161201TLD1SWzS054
0161201TLD1SWzS055
0161201TLD1SWzS056
0161201TLD1SWzS058
0161201TLD1SWzS059
0161201TLD1SWzS060
0161201TLD1SWzS061
0161201TLD1SWzS063
0161201TLD1SWzS064
0161201TLD1SWzS068
0161201TLD1SWzS069
0161201TLD1SWzS072
0161201TLD1SWzS073
0161201TLD1SWzS075
(相変わらず舐め回すシ-ンの動きが、やたら滑らか過ぎる本作w)
0161201TLD1SWzS078
0161201TLD1SWzS082
0161201TLD1SWzS084
0161201TLD1SWzS085
0161201TLD1SWzS086
0161201TLD1SWzS088
0161201TLD1SWzS089
0161201TLD1SWzS090
0161201TLD1SWzS094
0161201TLD1SWzS095
0161201TLD1SWzS098
0161201TLD1SWzS099
(恥ずかしがり方が超オトメっぽい?)
0161201TLD1SWzS103
0161201TLD1SWzS104
0161201TLD1SWzS105
0161201TLD1SWzS177
0161201TLD1SWzS107
0161201TLD1SWzS179
0161201TLD1SWzS110
0161201TLD1SWzS112
0161201TLD1SWzS113
0161201TLD1SWzS115
0161201TLD1SWzS116
0161201TLD1SWzS117
0161201TLD1SWzS119
0161201TLD1SWzS120
0161201TLD1SWzS121
0161201TLD1SWzS122
0161201TLD1SWzS124
0161201TLD1SWzS125
0161201TLD1SWzS128
0161201TLD1SWzS131
0161201TLD1SWzS132
0161201TLD1SWzS133
0161201TLD1SWzS136
0161201TLD1SWzS137
0161201TLD1SWzS140
0161201TLD1SWzS143
(なんか穿いてないように見えるw)
0161201TLD1SWzS144
0161201TLD1SWzS146
0161201TLD1SWzS147
0161201TLD1SWzS149
0161201TLD1SWzS150
0161201TLD1SWzS151
0161201TLD1SWzS153
0161201TLD1SWzS155
0161201TLD1SWzS156
0161201TLD1SWzS158
0161201TLD1SWzS160
0161201TLD1SWzS162
0161201TLD1SWzS164
0161201TLD1SWzS167
0161201TLD1SWzS170
0161201TLD1SWzS174
0161201TLD1SWzS175
(アニメのほうはあんまり進展が無かったけどコミックスは…)


To LOVEるダークネス (17) アニメDVD同梱版 [ 矢吹健太朗 ]


漫画は激しいバトルがあったり、物語を
大きく揺るがす愛の告白もあったり等

色んな意味で見逃せない内容でしたが

OVA版も、春菜とリトの関係が急接近し
たり、春菜の両親が登場したりや、原作
で描かれた、肌色的シ-ンが見事に再
現される等w

コチラも、色々と見逃せないシ-ンや映
像が満載でよろしかったというか♪

それにしてもOVA第9巻って、もうすぐ
TVの1ク-ル相当にあたる話数まで来
てるとか、いつの間にか凄い事になっ
てますけどw

そろそろ、ブル-レイボックスの様な感
じで、高画質化&まとめて収録されると
嬉しいんだけどなあ
(12巻まで出たら、しれっと1クールでTV放送するのもアリかなあ?なんて
思っちゃうくらい、本当に長続きしてますなあ(汗)