矢吹健太郎さん×長谷見沙貴さんによる新刊「To LOVEる~
とらぶる-ダークネス~」の第10巻
を購入したので
簡単にですが?感想を書きたいと思います


d3d9239b.jpg

今回の内容は


ララが巻き起こすいつものとらぶるによって、メアが生徒達の前で正体を
明かしてしまい…最悪の結末を予想する彼女だったが、ヤミのメアが自分
の妹だという発言に、大きな拍手による歓迎的ム-ドでメアを迎え入れ

ようやく、本当の自分を表に出したメアと共に平和な学園生活を満喫
していたヤミに、突如異変が発生!


f95a54b0.jpg


32eb79e8.jpg


0496658d.jpg


212b51ec.jpg


97f3ef9a.jpg


763b5243.jpg



驚くメアに対し、いきなり現れたネメシスが?ヤミが彼女の求めていた
生体兵器”イヴ”の究極的姿”ダ-クネス”への覚醒が始まったと
伝えるのだが、肝心のネメシスの姿が誰にも見えないという?

おかしな状況に困惑する中、ヤミに続きメアの身体にも異変が発生
声の主であるネメシスへと形を変えると同時に、ネメシスとメアは
同一人物であり、メアはネメシスの人格の1人であったことが判明

その理解出来ない状況が、ダ-クネス化を決定付け?妖艶にした
ヤミことダ-クネスへと遂に目覚め、自らを完全にしようと
結城リトの抹殺を宣言するのだった

…という感じですね


a8d01547.jpg


7fe795fa.jpg


3c05d10d.jpg


87be9618.jpg


f4ce9291.jpg


7a5e638c.jpg


5bbc61ea.jpg


1b70c2f3.jpg


665305af.jpg


704a4a4a.jpg


5d853c5b.jpg


42d8df29.jpg


75ce1a17.jpg


2d72d515.jpg


0399c2fa.jpg



ハ-レム的主人公”結城リト”の、超ラッキ-スケベ的特殊能力
によって、肌色たっぷりのオパイ全開&アソコもギリギリに見せ
ちゃう?お馴染みのエロハプニング要素満載に

触手や撮影プレイに絆創膏プレイや、女体化TS触られ行為等

安心のえっちい描写を織り込みながらも、今回は物語が佳境的に
大きく揺れ動き、ヤミが遂にえっちい行為OKのダ-クネス化へと
変身すると同時に、メアが実はネメシスの人格の一部でしか
無かったことが判明して、取り込まれる様にネメシスに主導権を
完全に握られる等


中々にシリアス的展開へと突入する
一方で、相変わらず?相手が惑星
破壊的兵器だろうが…えっちい姿を
見せまくるお約束ぶりがw

妙に安心して?中々に面白く、続きが
とても気になる展開に、満足な一方で?



316e4da1.jpg


6e357c31.jpg


de9dc543.jpg


fe446c46.jpg


e7b413fe.jpg


ddccd89c.jpg


8b471f20.jpg


(絆創膏と言ったら絆創膏おパンツ様ですよね?よく分ります♪)

cab5d9ba.jpg


(破壊兵器だろうがガンガン責めれば好機が見えそう?やはりエロは世界
どころか、宇宙も救いそうですなww)


それにしても、遂にえっちい事も
okになったとはいえ?ダ-クネス
覚醒後のヤミちゃんって

おおらか的な雰囲気になったせいか?
通常時と比べると、ちょ~っと可愛さ
が半減というか、ついでにネメシスと
メアが1人という事で、ネメシスとメア
ちゃんの2人と同時に、キャッキャッ
ウフフフ♥

しまくれない事が判明したのが、個人的
に相当に痛過ぎるぜええええ…ハア~

(ヤミちゃんはあの姿で、えっちいのもまあokですよというのが
理想なんだよおおおおおお!!←妄想ウザいわ)


f2226963.jpg