「響け!ユーフォニアム」ブル-レイ第3巻
購入したので感想を書きたいと思います

0150818arj008


 
第3巻の内容は、様々なトラブルを乗り越えながらも?ようやく顧問
の滝に認められ、サンライズフェスティバルの正式出場が決定し、大会に向かい
今迄以上に練習を頑張る、久美子を始めとした”北宇治高等学校吹奏
楽部”
の面々、今迄とは違い?一生懸命に練習に取り組む先輩部員達の頑張りの
一方で

久美子と麗奈との関係が改善&更に前進する中、遂にサンライズフェスティバル
の当日を迎えるのだが、今迄ろくな成績出せなかったせいか、誰も気に留めず
にいた、北宇治の予想外の素晴らしい演奏に、一気に
注目が集まって行く第5話

0150818arrsrj025
0150818arrsrj001
0150818arrsrj003
0150818arrsrj004
0150818arrsrj006
0150818arrsrj009
0150818arrsrj017
0150818arrsrj020
0150818arrsrj028
0150818arrsrj032
0150818arrsrj035
(このポ-ズ好きなのかねw先輩さんは?)
0150818arrsrj037
0150818arrsrj039
0150818arrsrj041
0150818arrsrj044
0150818arrsrj045
0150818arrsrj047
0150818arrsrj048
0150818arrsrj050
0150818arrsrj052
0150818arrsrj054
0150818arrsrj064
0150818arrsrj066
0150818arrsrj072
0150818arrsrj073
0150818arrsrj077
0150818arrsrj079
0150818arrsrj081
0150818arrsrj083
(このやっちゃった的雰囲気好きw)
0150818arrsrj0860150818arrsrj0900150818arrsrj0910150818arrsrj0930150818arrsrj0960150818arrsrj0980150818arrsrj1000150818arrsrj1010150818arrsrj1040150818arrsrj107
0150818arrsrj111
0150818arrsrj112
0150818arrsrj116
0150818arrsrj117
0150818arrsrj118
0150818arrsrj120
0150818arrsrj121
0150818arrsrj123
0150818arrsrj124
0150818arrsrj128
0150818arrsrj129
0150818arrsrj130
0150818arrsrj132
0150818arrsrj136
0150818arrsrj137
0150818arrsrj138
0150818arrsrj142
0150818arrsrj143
0150818arrsrj146
0150818arrsrj148
0150818arrsrj150
0150818arrsrj154
0150818arrsrj158
0150818arrsrj163
0150818arrsrj167
0150818arrsrj170
0150818arrsrj175
0150818arrsrj184
0150818arrsrj186
0150818arrsrj187
0150818arrsrj189
0150818arrsrj193
0150818arrsrj199
0150818arrsrj201
0150818arrsrj203
0150818arrsrj205
0150818arrsrj207
0150818arrsrj208
0150818arrsrj212
0150818arrsrj217
0150818arrsrj223
0150818arrsrj225
0150818arrsrj226
0150818arrsrj230
0150818arrsrj233
0150818arrsrj239
0150818arrsrj240
0150818arrsrj243
0150818arrsrj244
0150818arrsrj245
0150818arrsrj246
0150818arrsrj249
0150818arrsrj252
0150818arrsrj253
0150818arrsrj255
0150818arrsrj256
0150818arrsrj259
0150818arrsrj260
0150818arrsrj262
0150818arrsrj264
0150818arrsrj272
0150818arrsrj273
0150818arrsrj274
0150818arrsrj278
0150818arrsrj280
0150818arrsrj282
0150818arrsrj284
(放送の時は気が付かなかったけど?この最後の絵は久美子さんのあのフラグだった
のねw)

見事な成功をおさめ、部員達に自信が付いたり…ようやく?久美子も迷ってい
た気持ちが晴れた様に、ユ-フォニアムとして頑張る事や目標を強く見出して
行く中、次の目標であるコンク-ルに向け

滝の提案により、今年からコンク-ルメンバ-をオ-ディションで決める事に
なり、上級生だけでなく1年生にもチャンスが生まれるのだが

久美子や緑輝と比べ、経験者ではない葉月もメンバ-を目指す為に
一生懸命に練習を頑張るのだが、中々上達しない事に?落ち込んでしまい
なんとか葉月を元気づけようとする中、あすか先輩の妙な提案というか奇策
に久美子が巻き込まれてしまい、葉月以上の心の傷を負ったりもしちゃうw?
第6話

0150818arrsrj308
0150818arrsrj286
0150818arrsrj287
0150818arrsrj288
0150818arrsrj290
0150818arrsrj292
0150818arrsrj293
0150818arrsrj299
0150818arrsrj301
0150818arrsrj303
0150818arrsrj307
0150818arrsrj312
0150818arrsrj314
0150818arrsrj315
0150818arrsrj316
0150818arrsrj320
0150818arrsrj321
0150818arrsrj322
0150818arrsrj326
0150818arrsrj330
0150818arrsrj332
0150818arrsrj334
0150818arrsrj341
0150818arrsrj347
0150818arrsrj351
0150818arrsrj356
0150818arrsrj362
0150818arrsrj363
0150818arrsrj364
0150818arrsrj365
0150818arrsrj371
0150818arrsrj372
0150818arrsrj374
0150818arrsrj375
0150818arrsrj378
0150818arrsrj379
0150818arrsrj382
0150818arrsrj383
0150818arrsrj385
0150818arrsrj389
0150818arrsrj391
0150818arrsrj396
0150818arrsrj398
0150818arrsrj399
0150818arrsrj416
0150818arrsrj420
0150818arrsrj422
0150818arrsrj428
0150818arrsrj430
0150818arrsrj438
0150818arrsrj439
0150818arrsrj448
0150818arrsrj453
0150818arrsrj455
0150818arrsrj463
0150818arrsrj464
0150818arrsrj467
0150818arrsrj468
0150818arrsrj469
(着ぐるみ装着してるけど、久美子さんの目が死んでるのが分かるw)
0150818arrsrj472
0150818arrsrj476
0150818arrsrj477
0150818arrsrj478
0150818arrsrj480
0150818arrsrj481
0150818arrsrj482
0150818arrsrj484
0150818arrsrj485
0150818arrsrj489
0150818arrsrj491
0150818arrsrj492
0150818arrsrj495
0150818arrsrj499
0150818arrsrj502
0150818arrsrj506
0150818arrsrj509
0150818arrsrj511
0150818arrsrj514
0150818arrsrj519
0150818arrsrj521
0150818arrsrj523
0150818arrsrj527
0150818arrsrj529
0150818arrsrj530
0150818arrsrj531
0150818arrsrj532
0150818arrsrj538
0150818arrsrj543
0150818arrsrj546
0150818arrsrj551
0150818arrsrj554
0150818arrsrj564
0150818arrsrj566

という計2話が収録されており

物語の半分、タ-ニングポイント的な位置的の第5話と第6話が収録された
今回は、掴み的な第1巻に、やる気の無かった?弱小部的な部員達が、新顧問
の滝の挑戦的とも言える行動に、反抗にも似た雰囲気で闘志を燃やし

熱心に練習し始める第2巻までの流れが、前半部のクライマックスで山場的な
サンライズフェスティバルへの予想外だった活躍へと繋がって行くという

今迄は部員達自体が、吹奏楽部の部活動に対する考えや構えがいい加減だった
事や妥協するのが当たり前だった為、当然?まともな成績や活躍をおさめるハズ
もなく、誰も気に留める様な存在では無かった弱小部が

厳しい特訓に、前向きに自らの意思で頑張り始めた結果…賞を取れるまでに
成長をし、ダ-クホ-ス的に注目の的になるといった

部活モノの王道であり、吹部をテ-マに
した文化部系の作品ながら、体育会系の
熱血的な雰囲気を混ぜ合わせ表現した
ある種?ベタとも言える展開ながら、とて
も盛り上がり、大興奮すると共に何度見て
も?見入ってしまうw第5話に

一段落したかと思いきや、コンテストの為
にオ-ディションを開くという、先輩も後輩
という立場も関係無く

実力者がメンバ-として選ばれるという

前半以上に、暗雲が立ち込めそうな展開を
匂わせながらも、今回は部活を始めたばか
りで、上手く演奏出来ない事に悩む葉月を
通して、久美子が昔の事を思い出したり

初心を思い出す様に、久美子に緑輝が葉月
と一緒に練習して、3人の仲の良さや相手を
想う気持ちを表現した演奏など、どちらの話も
お馴染みの?コミカル的なコメディ要素をテ
ンポよく交え

明るく爽やかな雰囲気で、成長して行く姿を
今回も非常に心地良く見る事が出来、今迄
以上に楽しめたというか~~♪♪

0150818arrsrj011
0150818arrsrj013
0150818arrsrj016
0150818arrsrj021
0150818arrsrj022
0150818arrsrj023
(ナイスにぺったんやからなあ久美子はんwとはいえ?Cカップに上がった程度では周りの
巨乳艦隊には太刀打ち出来ないという(涙)
0150818arrsrj102
(葉月さん回だけど、相変わらず久美子はんも負けず劣らずギャグ要員ですねんw)
0150818arrsrj106
0150818arrsrj110
0150818arrsrj126
0150818arrsrj202
0150818arrsrj042
0150818arrsrj043
(この作品、妙~~~~に色塗りにエロス的な雰囲気があるのよね、それも分り易い
というかふぇち系のw)
0150818arrsrj008
0150818arrsrj333
0150818arrsrj337
0150818arrsrj353
(葉月ちゃん回、またの名を葉月ちゃんギャグ回)
0150818arrsrj408
0150818arrsrj411
0150818arrsrj555
0150818arrsrj556
0150818arj010
(二組の恋模様的スト-リ-がいよいよ開幕?改めて見ると久美子さんってスペック中々
だから、麗奈ちゃんがドキドキしちゃう気持ちも納得??)
0150818arrsrj572
0150818arrsrj569
0150818arrsrj570
0150818arrsrj573
0150818arrsrj574
0150818arrsrj579
0150818arrsrj580
0150818arrsrj585
0150818arrsrj588
0150818arrsrj589
0150818arrsrj595
(今回の映像特典はメイン3人組でなく、女子が大多数を占める部の中で少数派である
男子達の苦悩的話、女子多数の中で少数の男子というのはエロ漫画とかならハ-レム
展開だけどw現実は相当に苦しく厳しいというか、監獄系吹部展開?)

【楽天ブックスならいつでも送料無料】響け!ユーフォニアム 3【Blu-ray】 [ 黒沢ともよ ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】響け!ユーフォニアム 2【Blu-ray】 [ 黒沢ともよ ]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】響け!ユーフォニアム 1【Blu-ray】 [ 黒沢ともよ ]


実は?今回収録されている第5話がブル-
レイ購入の決め手になった、個人的に相当
に面白くて楽しめた回だったので

TV版より更に綺麗な映像と音質で堪能出
来たのは、本当に嬉しかったというか♪

今迄の巻もそうだけど?改めて見ると、本当
に細部までの映像表現や演出の拘りに加え
キャラクタ-の魅力をガッツリ引き出す

仕草や表情に雰囲気に、部員達の成長の様
子を映像だけでなく、音でも確認出来る?音
響の表現といった、作品への拘りが

凄まじい作品だと、しみじみ再認識で来て
とても良かったけど…もう一つ観なおして
しみじみ思ったのが、色合いの表現がなん
というか妙に艶っぽいというか

なんか、フェチっぽいエロス的な雰囲気も
あるのが、なんかイイなあ~としみじみねw?
(二組の恋愛模様?というのが本巻から始まっていく訳だけど、麗奈さんが色っぽいのは
分かってたけど、意外に久美子も結構色っぽいというか、スペックそれなりに高いん
じゃねw??←ヲイ)