フロントウイングの同名エロゲのTVアニメ作品「グリザイアの果
実」
ブル-レイ第4巻を購入したので感想を書きたいと
思います

0150313ik320fa018


第4巻となる今回の内容は、前巻では2人分の個別ル-トが各1話ごとに
再現されていましたが、一転して?

再び、1人分のエピソ-ド…最初は人見知りという性格から、雄二に対して結構に
拒否反応を示していたものの、打ち解けあってからは

結構にヤバそうな言動とテンションの高さが特異的なヒロイン”入巣蒔菜”
メインにしたル-トが展開!!


第8話では、蒔菜からパパになって欲しいとお願いされた雄二が
その言葉通りに蒔菜の父親になる事を決意し、天音達のみんなの前で
父親宣言をし…その日を境に、スパルタ気味に父親として

彼女に色々な教育を教え込もうとしたり

0150313ik32a001
0150313ik32a002
0150313ik32a003
0150313ik32a004
0150313ik32a005
0150313ik32a007
0150313ik32a009
0150313ik32a011
0150313ik32a012
(7000万円でパパを買うって?なんかスケ-ルのデカいエロイ話みたいやなあw)
0150313ik32a013
0150313ik32a014
0150313ik32a015
0150313ik32a020
0150313ik32a025
0150313ik32a026
0150313ik32a027
0150313ik32a028
0150313ik32a032
0150313ik32a033
0150313ik32a035
0150313ik32a036
0150313ik32a037
0150313ik32a038
0150313ik32a040
0150313ik32a042
0150313ik32a044
0150313ik32a046
0150313ik32a047
0150313ik32a049
0150313ik32a050
0150313ik32a053
0150313ik32a055
0150313ik32a059
0150313ik32a060
0150313ik32a061
0150313ik32a062
0150313ik32a067
0150313ik32a068
0150313ik32a070
0150313ik32a071
0150313ik32a073
0150313ik32a074
0150313ik32a076
0150313ik32a077
0150313ik32a079
0150313ik32a082
0150313ik32a084
0150313ik32a087
0150313ik32a088
0150313ik32a089

第9話では、引き続き蒔菜のお話が続き…彼女がパパになって欲しい
という言葉の裏に、色々な物を感じ取り教育を続ける雄二だったが?

この国の軍事に関係する巨大な一族…入巣家の長女でありながらも
父の死をきっかけに精神に問題を来し、本家とは絶縁状態である事を
知ったり、同時に自らが師匠と呼ばれる人物と特訓していた日々を思い出
したりと、奇妙な関係ながらも平穏な日々

続いて行くのかと思いきや、彼女の存在を危険視する人物達が

蒔菜の抹殺を企み、よりにもよって?その抹殺任務を与えられたのは
組織の一員である、雄二にであった


…といった感じで

0150313ik32a090
0150313ik32a091
0150313ik32a092
0150313ik32a094
0150313ik32a097
0150313ik32a098
0150313ik32a100
0150313ik32a102
0150313ik32a103
0150313ik32a107
0150313ik32a109
0150313ik32a113
0150313ik32a114
0150313ik32a117
0150313ik32a120
0150313ik32a123
0150313ik32a126
0150313ik32a127
0150313ik32a128
0150313ik32a132
0150313ik32a134
0150313ik32a135
0150313ik32a136
0150313ik32a138
0150313ik32a142
0150313ik32a146
0150313ik32a147
0150313ik32a151
0150313ik32a152
0150313ik32a153
0150313ik32a155
0150313ik32a156
0150313ik32a158
0150313ik32a159
0150313ik32a161
0150313ik32a163
0150313ik32a164
0150313ik32a165
0150313ik32a166
0150313ik32a167
0150313ik32a171
0150313ik32a174
0150313ik32a175
0150313ik32a177
0150313ik32a179
0150313ik32a181
0150313ik32a183
0150313ik32a184
0150313ik32a185
0150313ik32a187
0150313ik32a188

前巻と違って、2話分を使って描かれる今回のエピソ-ドは
入巣蒔菜の個別ル-トを再現する中で…謎の多い主人公である
雄二の、過去の一端も同時に描かれ

その一方で、原作に比べると相当にマイルドではあるも
相変わらず素敵な言動をする蒔菜が抱える、トンデモない秘密と
重い過去を、丁寧に再現し

雄二と蒔菜の過去が、運命の様に過酷
に二人を結びながらも



その重い運命を乗り越え、前進する内容
は、コメディ要素はそれなりに盛り込みつ
つ、グリザイアで特徴的に描かれる血生
ぐさい表現(今回は微妙にリョナ風味)に
ハ-ドなアクションやシリアス要素等
を加え

切なさを感じながらも、希望に満ち溢れる
スト-リ-が展開し、今回は物語も結末
に向かい始めるだけあって

雄二の仕事や活躍ぶりも、目立つというか
色濃い感じで表現されていて

端折り過ぎて…若干?残念な印象が目立
っていた前巻より、非常に好印象な出来に
なっていた…‥本作でした…が?

0150313ik32a019
0150313ik32a023
(今回は本編にB地区解放的な部分は無いけど、その分?映像特典が相変わらず
エロおバカだからよしとしとく?)
0150313ik32a129
0150313ik32a139
(後半と言えば新キャラ登場ですね!)
0150313ik32a157
(今回のばいおれんす的シ-ンは、微妙にリョナ風味?)
0150313ik32a191
0150313ik32a192
0150313ik32a196
0150313ik32a197
0150313ik32a198
0150313ik32a200
0150313ik32a201
0150313ik32a202
0150313ik32a204
0150313ik32a207
0150313ik32a208
0150313ik32a209
0150313ik32a212
0150313ik32a214
0150313ik32a215
0150313ik32a219
0150313ik32a220
(今回の映像特典は、蒔菜が新兵的な女子に棒ベトナム系戦争を題材にした洋画に
出て来そうな口の悪い教官的口調で熱血指導、その手の教官特徴の酷いスラング
喋りまくりw(腐れま●ことか●むぽ扱け系)ながら、昇り棒で股間を棒に押し当て擦る
気持ち良さに目覚め絶頂して終了…いつも以上に色んな意味でひでえなww)
0150313ik320fa020
0150313ik320fa021
0150313ik320fa023
0150313ik320fa025
0150313ik320fa026
0150313ik320fa029
0150313ik320fa031
0150313ik320fa032
(予約特典の同好会は、いわいる公式同人誌…みちるとか弄り易そうだしネタに
なりそうとか思ってたら…本当にみちるだらけでござるの巻w)







せっかくのイイ話も、映像特典のブ-ト
キャンプで、教官気取りの蒔菜さんがエロ
ゲの時同様に、禁止音が入りまくる

ま●こやち●この禁止用語を連発した挙句w

今回はエロネタ控え目かと思ったら、登り棒
にすがりながら、お●に~を始め

絶頂する始末とか…ww

いよいよ、グリザイアの果実で最も重要な
エピソ-ドに入るという矢先に、相変わら
ずコレですか…まあ…イイけどね?

(蒔菜のナレ-ションが…また素敵に頭悪くて、本編は何だったのか…なんて自問自
答したくなるレベルなのよさ)

0150313ik32a026